2019年1月10日

時間ですよ  その2

毎日楽しみにしていた、「時間ですよ」の再放送がこの間終了しました。 改めて、樹木希林さんの演技に敬服でした。芸達者の堺正章との掛け合いなども 笑えますが、森光子との丁々発止の火花の出るような芝居はすごいものがありました。 「はまこ」という役作り、キャラクターはこの人ならではだと、つくづく感心し・・・

2018年11月21日

時間ですよ

いわずと知れた昭和の名ドラマ。現在再放送をBSでやっています。 昨晩の回になんと往年の名俳優、森雅之氏が出演してました。もう狂喜乱舞の大歓喜でした。 映画では名作に軒並みに出演、日本の名監督がこぞって彼を起用して、世界に通用する名作を 作り出したことは周知の事実。映画こそDVD化されているので・・・

2018年11月20日

楳図かずお漫画

最近、立て続けに楳図かずおの漫画を読んでいます。 「洗礼」「漂流教室」「おろち」「ヘビ少女」どれも傑作ぞろいです。 適切な言葉が見つかりませんが、とにかく振り切った描写、話の展開はもう神業と言っていいですね。 特に「洗礼」は何度読んでも面白い。お勧めです。 そういえば、学生時代、高田馬場駅で・・・

2018年10月18日

20年

弊社は「定年時代」という、中高年にたくさん読まれいている情報紙の広告扱いの 指定代理店になっています。今年で創刊20年を迎えます。 情報が何でもデジタルの世の中で、「定年時代」は実にアナログです。 朝日新聞の朝刊に折り込まれて各家庭に届く、という仕組みも20年間変わりません。 20年続いてい・・・

2018年10月10日

グレタ・ガルボ

ガルボの「グランド・ホテル」は何度観ても、素敵な映画です。 ガルボで、いつも思い出すのが、アーウィン・ショーの「ニューヨークへようこそ」という 短編です。有名な「夏服を着た女たち」のなかに入っています。 安ホテルのロビーのソファに夜中座ってる娼婦が、ガルボに似ているという件りがあります。 但・・・

2018年10月10日

アラン・ドロン

先日、「太陽はひとりぼっち」をテレビで拝見しました。 大人の愛の不毛を描いたミケランジェロ・アントニオーニの「愛の不毛三部作」と呼ばれる作品のひとつ。 例によって分かりにくいですが、オープニングの女性が歌う主題歌はカッコいいです。 ツィスト調のアップテンポな音楽が「イカシテマス」ね。ツィストと・・・

2018年5月29日

黒い瞳

マストロヤンニの「黒い瞳」を久し振りに観たら、チェーホフが読みたくなったので 何冊か買っていま読んでいます。

2016年6月23日

海辺のカフカ

尊敬する演出家の蜷川幸雄さんが亡くなりました。テレビでいろんな特集をしていましたが、 舞台「海辺のカフカ」を演出していたエピソードが取り上げられていました。 久しぶりに村上春樹さんを読みたくなって、早速文庫の上下巻を購入して、いま読んでいます。 新宿の花園神社で、蜷川演出の「王女メディア」、東・・・

2015年12月21日

芸十夜

久しぶりに「芸十夜」を読みました。 知る人ぞ知る、坂東三津五郎と武智鉄二の対談の名著。 学生時代に読んだままで、放置していた書物です。そのときは、まだまだ歌舞伎、 能、浄瑠璃等の知識も浅く、二人の対談の奥の深さはわかっても、「面白さ」まで 読み取る技量がこちらなかったので、字面を追うのがやっ・・・

2015年12月4日

新世界より

中学生の時に、レコードが擦り切れるほど聞いていたドヴォルザークの「新世界より」。 その後、指揮、演奏の違う「新世界より」をいろいろ聴く機会がありましたが、 どうもしっくりこない。不思議なもので、中学生のときに聴いた、演奏、録音でないとダメなんですね。 この歌は、やっぱりご本人が歌わないとという・・・